自分の知識を活かそう!塾の仕事内容とは?

塾の仕事は生徒の学習指導以外に意欲を引き出すことが大切!

自分の知識を活かそう!塾の仕事内容とは?

生徒と先生

塾の講師の仕事内容とは?

塾講師の仕事は、中学・高校・大学の受験対策を軸とした学習指導を行うことです。そのため、学校で習う勉強の予習や復習を行なっていきます。また、生徒の学習意欲を引き出すことも塾講師の大切な仕事になります。

生徒

学習指導以外の仕事もある!

生徒への学習指導がメインの仕事となりますが、その他にも校舎運営スタッフや一般事務などをすることができます。校舎運営スタッフは塾運営に必要な電話対応や保護者応対、各種説明会などの業務を行ない、学習しやすい環境を作っていきます。

塾を選ぶポイントランキング

生徒と先生
no.1

勤務条件

仕事をする上で「勤務日数」「給与」などの勤務条件が最も大切なポイントとなります。実際に働き始めた時に無理することがない勤務条件の塾を見つけましょう。

no.2

指導形態

塾によって指導形態が大きく異なります。そのため、自分に合った指導形態の塾を選ぶことが2番目に大切です。まずは「集団指導」「個別指導」から検討してみましょう。

no.3

仕事内容

生徒の学習指導以外にも、塾の運営スタッフなど塾の仕事は様々あります。そのため自分のやりたい仕事を明確にすることが3番目に大切です。

no.4

塾の特徴

塾の特徴や環境を確認して選ぶことも大切になります。「初めてだから大手がいい」「自分の教育方針で授業がしたい」など、自分の要望にあった塾を選びましょう。

no.5

アクセス

仕事をする上で、職場の場所もとても大切になります。アクセスしやすい場所を選ぶようにしましょう。また、「大学周辺」などは塾が多いのでオススメです。